和の極み モンブラン

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

モンブランは失敗作

マロングラッセを作る過程で欠けてしまったもの、そういう失敗作を再利用できないか。そうしてクリームのようにねじり出すモンブランとなったわけです。失敗作の再利用として日本が考えたケーキだと思っていましたが、フランスでは椎茸のようにゆるやかな形。イタリアではピラミッドのように削りとったような、絶壁です。
この違いはアルプスをそれぞれの国から見上げた時のモンブラン山の見え方が違うからだそうだ。フランスから観たモンブラン山はドーム型で、『アルプスの女王』と美しさを讃えられている一方で、イタリアでは難攻不落の厳しい山肌を見せます。それでイタリアのモンブランは、土台のほうがマロンクリームになっているんです。日本ではトップに栗が一個乗っていますね。
この栗が上に乗っているさまは欧米の方には面白いらしい。意表をつくようです。モンブランという言葉から山をイメージするからでしょうね。 そうして何かすぐにはわからないらしく、オレンジ?などという答えも。
この栗が日本的なもの。栗の甘露煮に和栗のお菓子、栗鹿の子やら、栗ようかんで作っているものを流用したのだそうで、フランス菓子店で栗の乗ってないモンブランが並んでいても不満を言っちゃいけなかったんだ。

Related Posts

  • 地元に帰ろう地元に帰ろう 戦火を逃れて熊本市内に近い地域でありながら、明治以前から残っている建物が多い。それが風流街ふるまち界隈。そこに、東京などから来た若い人、戻ってきた人たちが新しい店を作っるのが広まっています。 火の国、城下町。熊本の繁華街はどこから見上げても西の方に熊本城天守閣が挑める。お城に見守られた市内。地図での熊本市は広いですが、地元の者は繁華街に行くのを『まち』に行くと言います。 […]
  • ファッショナブルな冒険心 男の代わりに美女が犯人に挑む。グレース・ケリーとヒッチコックの映画『裏窓』ファッショナブルな冒険心 男の代わりに美女が犯人に挑む。グレース・ケリーとヒッチコックの映画『裏窓』 昭和29年には、暮れに東宝映画『ゴジラ』が公開されました。 3月にビキニ島の核実験があって第五福竜丸事件は日本人にとって衝撃となったことでしょうが、アメリカも日本も新たなる世界への冒険に胸を熱くしていた時代だったでしょう。 世界を旅行する番組が毎週放送されて視聴率が良かったのは、そう言う時代の象徴だったのではないかとも思います。 […]
  • 第13回 お花見コンサート第13回 お花見コンサート 平均年齢75歳の「赤とんぼ合唱隊」は、熊本市東区豊島西の介護老人保健施設「ケアセンター赤とんぼ」で、高齢者の生きがいづくりを目的に結成。家にこもりがちなシニア世代が、元気を取り戻す場所になっている。 […]
  • 蓄音機を楽しむ会 ニューイヤーコンサート 2014蓄音機を楽しむ会 ニューイヤーコンサート 2014 新年おめでとうございます。本年もどうかよろしくお願いします。 1月例会ニューイヤーコンサート、手持ちのヨハン・シュトラウスの曲で選曲してみました。一応以上ですが曲の取捨て選択、順番などについては都合により変更します。 東西オーケストラの演奏合戦という趣向で各3曲で聴き比べを、と考えています。 […]
  • 天日古代塩天日古代塩 ソルト・ファーム塩工房 http://saltfarm.jp/
  • 蓄音器を楽しむ会(第10回)ご案内蓄音器を楽しむ会(第10回)ご案内 日時:平成26年1月26日(第4日曜日) 午後1時30分より 場所:熊本中央区細工町2丁目 五福公民館 第1部 クラシック ヨハン・シュトラウス作曲から ニューイヤーコンサート アメリカとウィーン、ドイツ、イギリスのオーケストラで聴き比べしまして楽しみましょう。 第2部 持ち寄りコンサート 前回に時間内で聞くことが出来なかった同じタイトル曲の聴き比べとくまもとの歌 第2 […]

コメントを残す