【WordPress】お天気予報プラグイン Weather Hacks

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

サイドバーにお天気予報を表示しています。
竜巻が連日発生したり、このところお天気がおかしいですからねぇ。

といった理由ではありませんでした。

このサイトは WordPress で作成しています。
WordPress はオープンソースの CMSで、利用者のフォーラムでサイトオーナーが情報を交換し合いながら優れたサイト作りを助けあって作っています。

さてそこで、「ウィジェット画面からサイドバーの設定が消えた』という相談に乗ってて『天気予報』のプラグインの存在を知った次第です。

サイドバーに天気予報を表示する、プラグイン「WP Weather Hacks」

「WP Weather Hacks」は、サイドバーに天気予報を表示するプラグインです。一度設定するだけで、毎日の天気予報を自動更新してくれます。

1011543_10202067040746567_981401429_nシンプルで軽く、くせの少ない、使い勝手のよさそうな作りな上、日本全国142都市の中からピンポイントに情報を提供してくれる、優れものプラグインです。

準備は、公式からインストールして有効化するだけ。
ダッシュボード>外観>ウィジェット に進んで任意の場所に設置します。
プルダウンメニューには『稚内』から、『与那国島』までのウェザーポイントが選べます。熊本は『阿蘇乙姫』が独立してあるのが嬉しいです。
保存すればウィジェットに『今日』、『明日』、『明後日』の天気予報が表示されます。

動作は保証します

ライブドアの天気予報API「Weather Hacks」の情報をもとに自動更新されるしくみになっています。一度導入すれば基本的には手直しの必要なく更新し続けてくれます。サイトアクセスも重くないようで、早速 WordPress で作成した12サイトに設置しました。
サーバーは3種、ひとつは自宅個人 NAS サーバー。php も 5.2 から 5.4 までの3タイプのバージョンで動作しているそれぞれのサイトです。動作保証としてはプラグインの製作者に貢献できたかな。もちろんテーマはサイドバーを有している12種類を選んで試しました。

このプラグインは、日本語オンリーで作られています。ですから海外のお天気には対応してない。だから、インターナショナルを想定した判定をプログラミングに組み入れないで済むのですからコンパクトにできているのでしょう。
さて、相談者の状況はわたしの方では確認できませんでした。購入されたテーマの固有問題かもしれません。 http://ja.forums.wordpress.org/topic/24647?replies=3

Related Posts

コメントを残す