Kumamoto Gramophone

100人の大作曲家たち シューベルト

シューベルト(フランツ・ペーター)
Franz Peter Schubert

(1797.1.31 – 1828.11.19)(オーストリア)

生粋のウィーン生まれの大作曲家。“ドイツ歌曲の王”と言われている。小学校長を父とし、12歳でコンヴィクトという神学校に入学、教会で歌った他、音楽教育を受けた。17歳で名作「糸を紡ぐグレートヒェン」を作曲、翌年には「野ばら」「魔王」など145曲の歌曲を書き、31歳の若さで死ぬまでの間に600曲以上の歌曲を残した。

歌曲の代表作は“3大歌曲集”と称される「美しい水車屋の娘」、「冬の旅」、「白鳥の歌」のほか「ます」、「死と乙女」、「音楽に寄す」、「アヴェ・マリア」などがあげられる。

シューベルトはこのように歌曲によるドイツ歌曲の系譜における有力な主流となり、初期ドイツ・ロマン主義の確立に功績を残したが、器楽においてもその旋律の美しさと叙情性において独特の境地を開拓した。

Tagged on:

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /export/sd05/www/jp/r/e/gmoserver/7/0/sd0079570/amadeusrecord.info/furumachi/wordpress-3.9.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399