Kumamoto Gramophone

ます シューベルト作曲

蓄音器にとって最良の音源とは

黒人独特のビブラートが煩く感じる時もあるのですが、ソプラノには珍しい重厚感が漂います。
もはや伝説的な人物にも思えるマリアン・アンダーソンだが、1897年生まれで長命し、没したのは1993年。1935年にザルツブルクでリサイタルを催し、トスカニーニが「百年に一人の声」と絶賛したことは有名。その後合衆国で人種差別の壁を乗り越えて、メトで初めて歌った黒人歌手になったこともまた有名。どうしても黒人霊歌が有名な人だが、実際には純クラシックの分野での方が遥かに卓越していたということは、この「ます」で実感していただけるだろう。深く濡れたアルトの音色はいまだ類をみない空前のもの。