Blog Archives

テーマ MxS2 のバージョンアップ

現在お使いのバージョンは 1.2.1 です。1.2.2 に更新します。

完成度が高いので、わたしがこの Theme MxS2 を利用開始して1年ほど更新されることがなかった。それが久しぶりのアップデート。

テーマ MxS2 との出会い

出会いはある古書店のサイトとの出会い。そこでブログ用に利用されていたのがこのテーマでした。テーマデザインの時流はレスポンシブルに移行していましたので物足りなさも感じながらスッキリしていて、このサイトではテーマはこれオンリーで更新しています。

とはいえ、先般の WordPress 自体のグレードアップで、テーマに使われている記述の中に推奨されないコードが出てきました。現在では子テーマにして、コードをカスタマイズして使用しているところでした。

この度のアップデート。大幅な変更があるとしたら手間だなぁと注意深く取り組んだ。
別のWordPressにテーマ MxS2 の最新バージョンを新規インストールして確認。大きな変更は無いようだ。
そこでアップデートに踏み切りました。

アップデートの結果

子テーマで適応しているためか見た目上、変わったところはないようです。そこでコードを確認してみました。
それがまぁ面白いことに、わたしのカスタマイズと同様だったのです。

現在、このテーマの作者は新作テーマの開発中で前哨戦としてコードのリフレッシュを施してくれたのでしょう。動作は前以上にスムーズになりました。

NGFB Open Graph+ 6.21.0 アップデートに伴うコンフリクト

Open Graph+ Warning :
Plugin conflict detected — JetPack Photon cripples the WordPress image size funtions. Please disable JetPack Photon or upgrade to the NGFB Open Graph+ Pro version (which includes support for JetPack Photon).

JetPack Photon を解除してください。

NGFB Open Graph+ は Facebook, Twitter, Google+ など SNS と WordPress の更新を連携してくれる機能を持ったプラグインです。
それぞれのサービスとの仲立ちをプラグイン一つで管理できて便利重宝しています。
これを 6.21.0 へアップデートしたところダッシュボードに記事頭に掲げたコンフリクトの注意。

Jet Pack で有効にしている Photon と同等の機能を内蔵しているのでプロバージョンにアップグレードするか、 Photon を解除してくださいという要求です。

Photonの効能

Photon は、WordPress.com の CDN (コンテンツ・デリバリー・ネットワーク) から画像を読み込ませるようにすることで、サイト表示を高速化します。サイトの画像をキャッシュし高速なネットワークから提供することで、実際のサイトデータにリクエストをしなうようにすることでサーバーの負荷を低減できます。
JetPack プラグインを利用する大きい理由が、WordPress.com のネットワークを利用してサイトの更新やコメントを通知してくれるところです。

結果として

このサイトのトップドメイン http://amadeusrecord.info は、現在では CDN を CloudFlare に委ねています。その効果でしょうか、投稿記事数にも関係はあるかもしれませんがキャッシュ系の対策は導入していないのにかかわらずストレスのない動作が享受できています。

当座は NGFB Open Graph+ の動作検証としていることもあり、PROバージョンへのグレードアップは見合わせて JetPack Photon の停止で様子を見ます。