耳かきのような、アルペジオ。聞き覚えがあるぞ、いや、そのレベルではないしフレーズは先の方までずっと耳の奥で再生されている。曲名が出てこない、でも心地よくってこのままで良いっか。って投了しようと思いました…

耳かきのような、アルペジオ。聞き覚えがあるぞ、いや、そのレベルではないしフレーズは先の方までずっと耳の奥で再生されている。曲名が出てこない、でも心地よくってこのままで良いっか。って投了しようと思いましたが、首を振ってまとわりついているフレーズを振り払ってじっくり推敲してみました。エチュードのようだけどショパンじゃない。ベートーヴェンにも似てる。どうやらその辺にいる作曲家だな。ピアノ名曲集みたいなCDで、意識することなく幼い頃から耳にしている曲だ。きらクラDON第49回の答えは、シューベルト作曲「即興曲」作品90第4の冒頭。親しい曲なのに、ニックネームがあれば覚えてもらいやすいでしょうに、気の毒な曲ですね。 #nhk

投稿者: 648r

ローカルのケーブル放送局で音楽番組編成と、番組作成を担当。必要とあれば音響の確認に工事スタッフと一緒に店舗まわりもしました。その際、地域の音楽愛好家と交流。老舗レコードショップから通販サイトを手伝ってほしいと参加したのが WordPress サイト作りの足がかりとなりました。