チャイコフスキーの音楽は最後の《悲愴》が最も親しまれてわかりやすいと思われますが、下降する音形がメランコリックに聞こえるのが特徴です。この主題は長調なのに、下降してくるので物悲しく感じるのです。第4番…

チャイコフスキーの音楽は最後の《悲愴》が最も親しまれてわかりやすいと思われますが、下降する音形がメランコリックに聞こえるのが特徴です。この主題は長調なのに、下降してくるので物悲しく感じるのです。第4番のシンフォニーでも4つの楽章すべてが音形は下降して来ます。終楽章の勇壮なマーチでも同様。この下降するメランコリックがチャイコフスキーの個性でしょう。人は誰もが悲しい寂しい思い出の一つはあるものですから、明るい音楽よりも心が重ねやすいのです。

投稿者: 648r

ローカルのケーブル放送局で音楽番組編成と、番組作成を担当。必要とあれば音響の確認に工事スタッフと一緒に店舗まわりもしました。その際、地域の音楽愛好家と交流。老舗レコードショップから通販サイトを手伝ってほしいと参加したのが WordPress サイト作りの足がかりとなりました。