8月ラストの放送では、3.11震災直前の描写がありました。翌日に東京で行われるアキとGMT5のコンサートを見るために、ユイちゃんが北鉄に乗ります。これはちょうど時間的に地震、津波の時刻と重なります。こ…

8月ラストの放送では、3.11震災直前の描写がありました。翌日に東京で行われるアキとGMT5のコンサートを見るために、ユイちゃんが北鉄に乗ります。これはちょうど時間的に地震、津波の時刻と重なります。これまで何度も東京行きが叶わなかったユイちゃん。ついに最大の試練が訪れてしまいます。なお、車両には大吉さんが一緒に乗ったような描写があったので、何となく根拠もなく二人は無事なような気もしています。 また、心配なのが夏ばっぱ。夏ばっぱの家は漁港より少し高台にあるのですが、家の前に(少し下?)に津波の石碑が見えた、というツイッター上でのウワサもあります。いずれにしても袖が浜漁港は海辺ですので、他の皆さんも含め、こちらも心配。 撮影現場のモデルとなっている岩手県久慈市では震災での死者は2人。史実から言えば、津波被害の中心地ではありませんでした。とはいえ、震災により北三陸の人々の暮らしは一変することになるでしょう。脚本を既に読んだという情報筋によれば、震災編は決して悲しいだけの話ではないとのことで、視聴者としては見るのが辛い気持ちもありますが、見届けなければなりません。 9月の「震災編」から、ナレーションが春子に交代します。北三陸編の夏ばっぱ、東京編のアキ(秋)そして春子。親子三代、夏→秋→春と渡されたリレーは、辛い冬の後にはしっかりと春が来るという暗示でしょう。

原作は「蝋美人」に「雌蛭」をミックスした金田一耕助の傑作推理「白蝋の死美人」を観た。古谷一行のシリーズの最後期の作品だった。この時期は謎解きにはマーラーのアダージョが使われている。

原作は「蝋美人」に「雌蛭」をミックスした金田一耕助の傑作推理「白蝋の死美人」を観た。古谷一行のシリーズの最後期の作品だった。この時期は謎解きにはマーラーのアダージョが使われている。

タイムラインで目にとまる間だけが、心配ぶったりおためごかしをいうものさ。気をつけてね、大丈夫かって、手助けできるわけじゃないでしょ。 そう言う意味じゃなく声かけるのなら、具体案など助言をして欲しい。声援し…

タイムラインで目にとまる間だけが、心配ぶったりおためごかしをいうものさ。気をつけてね、大丈夫かって、手助けできるわけじゃないでしょ。 そう言う意味じゃなく声かけるのなら、具体案など助言をして欲しい。声援しているって気持ちだけを伝えたいのであれば「いいね」だけで良い。 忙しい時に届く『通知』ほど手間のかかるものはない。東京や大阪、福岡などネット環境が整備されている人が多い。地域の都合も考えなさい。