蓄音器でレコードを楽しむ無料コンサートを開催中例会、第33回無料コンサートは2015年12月20日です。第3日曜日開催です。
詳細

ふるまち 蓄音器コンサート

くまモンキャンドル 源ZO-NE

By spconcert / 7月 30, 2013 / 0 Comments

蓄音器を楽しむかい あなたも五福町づくり交流センターに聴きに来なっせ

By spconcert / 7月 21, 2013 / 0 Comments
ソルト・ファーム塩工房

天日古代塩

By spconcert / 5月 18, 2013 / 0 Comments

Hello world! – エルガー・ルートで愛のあいさつ

By Ar.Muse Chopin / 10月 8, 2012 / 0 Comments

和の極み モンブラン

By spconcert / 11月 14, 2012 / 0 Comments

熊本で蓄音器を楽しむ会

By spconcert / 5月 29, 2013 / 0 Comments

索引

By F.B. Chopin / 5月 25, 2012 / 0 Comments
メディアの最大アップロードサイズを変更する方法

《WordPress》『最大アップロードサイズ上限を超えている』とエラー・メッセージが出て、ファイルが追加できない設定を変更する方法

By spconcert / 9月 21, 2014 / 0 Comments

Blog Stories

By spconcert / 1月 18, 2015 / 0 Comments

[ebs_notification type=”alert-info” close=”false” ]

Facebook から日替わり情報発信中です。

毎月第4日曜日の無料コンサートのご案内、急な連絡がある時は Facebook ページを活用しています。
お問い合わせも Facebook をご利用ください。

熊本ふるまち蓄音器の会

昭和の音楽や映画、レコードの情報。熊本市内の出来事を発信しています。

[/ebs_notification]
次回は7月26日、第4日曜日に『第28回 蓄音機を楽しむコンサート』を五福まちづくり交流センター2階会議室で行います。

Nijinsky and Rudolph Nureyev L'apres midi d'un Faune

ドビュッシーの音楽の3回目の登場である。もやっとした雰囲気の印象主義音楽を好まない方には「ノーサンキュー」かもしれないが、1912年の5月29日というこの日パリで、ロシアの天才ダンサー、ヴァーツラフ・ニジンスキー振付によるバレエ作品として初演された《牧神の午後への前奏曲》を、クラシック音楽の歴史上の革命的出来事から外すわけにもいかない。バレエ初演が、この傑作の芸術的価値を強く補強したからだ。それはスキャンダラスな独舞だった。..

0 likes, 0 comments31 minutes ago

GB DECCA SXL6202 ズービン・メータ ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 ブルックナー・交響曲9番 : 100年後でも聴いて楽しいアナログ名盤レコード

まず本盤を選んだ理由は、英デッカ社の製作陣と録音場所に有ります。名前を聞いただけで良い音がする予感がします。昨日のレコードと関連して今日注目するブルックナーは、録音が良いから、ブルックナーが苦しみ抜いて世に説いた複雑怪奇な9番が、透けて聴こえるのです。

0 likes, 0 comments21 hours ago

78 RPM - Schubert Rubinstein Heifetz Feuermann ‎– Trio No 1 B Flat Major Op 99 Victor ‎– DM 923

昨夜、放送された「鶴瓶の家族に乾杯」は熊本県益城町と西原村で、笑福亭鶴瓶さんと藤井フミヤさんがふれあい旅をした。西原村に訪れた藤井フミヤさんは、片山さんのオーディオ道場にやってきた。最後まで片山さんは、藤井フミヤさんであることに気がついていなかったが、最近はテレビをみないので、という断りはいかがなものか。..

0 likes, 0 comments1 day ago

Wilhelm Kempff.Beethoven.Piano Sonata No.12, Op.26. 3 Marcia Funebre Sulla Morte d'un Eroe .wmv

日本人に最も愛されたドイツの名ピアニスト、ヴィルヘルム・ケンプ(1895〜1991)が初めて日本を訪れたのは1936(昭和11)年、最後となったのが1979年で来日は通算10回。一度の来日で何回かリサイタルを開き、オーケストラと共演したので彼のピアノ演奏を生で聴いた日本人の数は、最多ではあるまいか。レコードの発売点数でも1、2を争うほどだったから、昔からのピアノ音楽のファンで十八番とした“ケンプのベートーヴェン”を聴いたことがない人は皆無だろう。..

0 likes, 0 comments1 day ago

Alban Berg- Lyric Suite Part 4 Adagio apassionato

古今、レコード史を飾る弦楽四重奏団は東西の性格がはっきりしていた。それは好みに別れるもので、大作曲家の『弦楽四重奏曲』という音楽ジャンルをどう受け止めて聴くかというほどだ。..

0 likes, 0 comments1 day ago