和の極み モンブラン

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

みんな大好き、マロングラッセ

フランス土産の栗のお菓子。マロングラッセを初めて食べたのは、モンブランケーキに出会ってから何年も経ってから。だから、とても珍しいのよと渡されて食べても、上品だけどアーケードの端っこで香ばしい香りで売っている焼き栗のほうが美味しいや、と心のなかに残った。美味しさはマロングラッセが上等だけど、熱々の栗を爪で割って食べる。その行為が季節のなかで生活しているって感じがして、写真を見て夢見るパリとは違うなと感じたのです。
それもパリに生まれ育っていれば、もっとも逆の感想を持ったのかもしれませんが。

Related Posts

  • 地元に帰ろう地元に帰ろう 戦火を逃れて熊本市内に近い地域でありながら、明治以前から残っている建物が多い。それが風流街ふるまち界隈。そこに、東京などから来た若い人、戻ってきた人たちが新しい店を作っるのが広まっています。 火の国、城下町。熊本の繁華街はどこから見上げても西の方に熊本城天守閣が挑める。お城に見守られた市内。地図での熊本市は広いですが、地元の者は繁華街に行くのを『まち』に行くと言います。 […]
  • ファッショナブルな冒険心 男の代わりに美女が犯人に挑む。グレース・ケリーとヒッチコックの映画『裏窓』ファッショナブルな冒険心 男の代わりに美女が犯人に挑む。グレース・ケリーとヒッチコックの映画『裏窓』 昭和29年には、暮れに東宝映画『ゴジラ』が公開されました。 3月にビキニ島の核実験があって第五福竜丸事件は日本人にとって衝撃となったことでしょうが、アメリカも日本も新たなる世界への冒険に胸を熱くしていた時代だったでしょう。 世界を旅行する番組が毎週放送されて視聴率が良かったのは、そう言う時代の象徴だったのではないかとも思います。 […]
  • 蓄音器を楽しむ会(第21回)ご案内 – 昭和10年の英国盤で第九を聴こう蓄音器を楽しむ会(第21回)ご案内 – 昭和10年の英国盤で第九を聴こう 日時:平成26年12月21日(第3日曜日) 午後1時30分より 場所:熊本中央区細工町2丁目 五福公民館 『これほど雄大で荘厳な交響曲は後にも先にも無い。これこそベートーヴェン芸術の最高点であり古今独歩の傑作である』(堀内敬三) 今回の演奏はウィーン国立歌劇場合唱団、ウィーン・フィルハーモニック管弦楽団、指揮ワインガルトナー 1935年(昭和10)の録音。英国コロンビア […]
  • 蓄音器でSPレコードを楽しむ会(第27回)ご案内 – モーツァルトを突き刺すように端的に演じてしまう名品といわれた録音を聴く蓄音器でSPレコードを楽しむ会(第27回)ご案内 – モーツァルトを突き刺すように端的に演じてしまう名品といわれた録音を聴く 日時:平成27年6月28日(第4日曜日) 午後1時30分より 場所:熊本中央区細工町2丁目 五福公民館 今年の梅雨は太平洋高気圧が北へ張り出したため沖縄では早くも梅雨明けとなりました。反面、九州中部に前線が上がって南からの暖気の吹き込みを受けて活発化、大雨となり熊本でも被害が出たりしました。 予報官の話では、エルニーニョ現象の影響次第では、梅雨が早く上がるどころかかえっ […]
  • 蓄音機を楽しむ会 ニューイヤーコンサート 2014蓄音機を楽しむ会 ニューイヤーコンサート 2014 新年おめでとうございます。本年もどうかよろしくお願いします。 1月例会ニューイヤーコンサート、手持ちのヨハン・シュトラウスの曲で選曲してみました。一応以上ですが曲の取捨て選択、順番などについては都合により変更します。 東西オーケストラの演奏合戦という趣向で各3曲で聴き比べを、と考えています。 […]
  • KAB 熊本朝日放送から取材がありましたKAB 熊本朝日放送から取材がありました 当日聞かされたサプライズ。KAB熊本朝日放送からのテレビ取材で新年最初の蓄音器を楽しむ会は幕を開けました。SPレコードの音を聞いてゾクッと感動しましたと、こちらからの逆インタビューで感想をおっしゃっていました。ヨハン・シュトラウスのレコードは87年前の盤でした。多くのコレクターのもとにレコードはあります。SPレコードと蓄音器を使って音楽を楽しむ喜びを続けていってもらうことに尽 […]

コメントを残す