熊本ふるまち蓄音器の会 Facebook 活動中

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

Facebook から日替わり情報発信中です。

毎月第4日曜日の無料コンサートのご案内、急な連絡がある時は Facebook ページを活用しています。
お問い合わせも Facebook をご利用ください。

昭和の音楽や映画、レコードの情報。熊本市内の出来事を発信しています。


熊本ふるまち・五福蓄音器を楽しむ会さんの投稿の写真

昭和9年に建てられた神殿風建造物で威容を放っていた、三井住友銀行の移転が決まった。システム機能的には、この血は時代遅れかもしれないので致し方のないところです。でも建物の取り壊しについては、地元住人が惜しむ声を上げています。ぜひ、建物を残す運動にご協力下さい。

0 likes, 0 comments2 hours ago

雪雲と、晴空の境界

0 likes, 0 comments3 hours ago

来週の日曜日はもうクリスマス。今年の12月はあっという間の後半が過ぎそうです。日曜日だというのに河川修復工事を独りでされていた。

0 likes, 0 comments3 hours ago

DE EMI C165-02125/7 ヘルベルト・フォン・カラヤン ベルリン・フィル ジョン・ヴィッカーズ ヘルガ・デルネシュ ベートーヴェン・フィデリオ : 100年後でも聴いて楽しいアナログ名盤レコー

1970年代はカラヤンの絶頂期です。1960年代のレパートリーを再録音したのは「ベルリン・フィルを使って残しておきたい」という強い願望でした。それは執念といえるほどで、ウィーン・フィルとの仲違いでオペラの上演にベルリン・フィルを引っ張りだしたのも運命がカラヤンに肩入れしたのでしょう。

0 likes, 0 comments6 hours ago

GB COLUMBIA CX1046 ヘルベルト・フォン・カラヤン フィルハーモニア管 ベートーヴェン・交響曲3番 : 100年後でも聴いて楽しいアナログ名盤レコード

寝ながら指揮したミサ曲と同時進行しての録音。この当時のレコードには、「ウィーン楽友協会管弦楽団」とあるが実態はウィーン交響楽団だった。ウィーンとロンドンを行ったり来たりの録音、ベートーヴェンの英雄と、チャイコフスキーのバレエ組曲を同時録音するバイタリティー。

0 likes, 0 comments1 day ago

熊本ふるまち蓄音器を楽しむ会

コメントを残す