第295回 蓄音器でレコードを楽しむコンサートのご案内

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

清麗なギリシャ乙女

名曲に聴く
名曲を聽く

第四番は強壮な第三番と闘争的な第五番との間の休養(リクリエーション)である。シューマンが「(あたか)も二人の北国の巨人の間に立っている清麗なギリシャ乙女」だといったのは当を得ている。録音も余り多くない。トスカニーニの指揮、良くあるNBCではなく、BBCのオーケストラとのレコードを聞きます。

熊本は寒い季節となりました。日差しが出ているときは過ごしやすいのですが、日が陰ると風がある。秋を通り越してしまいそうですが木枯らしは待って欲しい。
第295回 蓄音器でレコードを楽しむコンサート(11月25日例会)で聞く曲が、小春日和に爽快な青空を切り開いてみせてくれるベートーヴェンの交響曲第4番です。
1937年に発売された時にグラモフォン紙(12月)の批評で、『爽快感は喩えようがなく、持続感が緩むところが一切ないことは傑出している。ベートーヴェンを聞く楽しみを享受できる喜び。弦の力強さと柔軟性は、ここで特に賞賛に値する壮大な記録』とあるレコードです。

ベートーヴェン 交響曲第4番 変ロ長調 作品60
トスカニーニ指揮 BBC交響楽団
録音 1939. 6. 1 ロンドン クィーンズホールにて
レコード盤 米国ビクター 16333A/B – 16336A/B
4枚組8面。それでは、お楽しみください!

Related Posts

  • 蓄音器を楽しむ会(第6回)ご案内蓄音器を楽しむ会(第6回)ご案内 日時:平成25年9月22日(第4日曜日) 午後1時30分より場所:熊本中央区細工町2丁目 五福公民館随兵寒合とは言うものの今年は、まだまだ残暑がきびしいようですね。どうか皆様お体を大切に、ご自愛くださいませ。 第1部 クラシック ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全曲鑑賞シリーズ ベートーヴェン作曲 ヴァイオリン・ソナタ第9番&第10番第2部 持ち寄りコンサート […]
  • 田園のシンフォニー、田舎の生活と追憶〜 SPレコード盤でワルターの《田園》を聴く田園のシンフォニー、田舎の生活と追憶〜 SPレコード盤でワルターの《田園》を聴く 昨年も自然の脅威を感じる事件、災害が多くありました。 毎年念頭には今年は大事の起こらない一年でありますようにと念じますが、そういう時にベートーヴェンの第6交響曲は相応しい音楽ではないでしょうか。 そしてワルターの演奏は本当にそういう気持ちで聴くときにしっかり手応えを感じさせる演奏ではないでしょうか。 例会は2015年1月25日、午後1時30分。熊本市細工町の五福公民館で […]
  • 【WordPress】ナビゲーションにアイコン・フォントを利用【WordPress】ナビゲーションにアイコン・フォントを利用 数年前は写真やイラスト画像で作っていたりしました。フラットデザインが増えているのも、モバイルをターゲットにしたデザインの変化でしょう。アイコン・フォントは画像ではなくフォントの拡張されたものですから文字表示の変化にも任意に追従して見難いことが無くなりました。フォントの数も増え楽しい活用が増えるでしょう。 […]
  • 音楽はなんと素晴らしいことか 「花が誘う 歌物語」をテーマにオペラの名場面、名アリアを味わった第57回ニューイヤーオペラコンサート音楽はなんと素晴らしいことか 「花が誘う 歌物語」をテーマにオペラの名場面、名アリアを味わった第57回ニューイヤーオペラコンサート ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートが日本で生中継されるのが1980年。より長い歴史で今年57年目になるNHKニューイヤーオペラコンサートは花がテーマで数多くのアリアが登場したのは新鮮な驚きでした。前年がヴェルディ・イヤーだったので取り上げられなかった椿姫も含めて放送では時間の都合で説明がなかったのをまとめます。 […]
  • 珍しい音盤を今日は、聴いて頂きます。第295回 蓄音器でレコードを楽しむコンサートを午後1時半から開始します。珍しい音盤を今日は、聴いて頂きます。第295回 蓄音器でレコードを楽しむコンサートを午後1時半から開始します。 例えばベートーヴェンが交響曲を三曲しか作曲しなかったとします。もし、そうであっても「英雄交響曲』だけでベートーヴェンの名前は大きく残ったでしょう。それ故に交響曲第4番は存在が影に隠れがちというか、聞く機会も少ないでしょう。あらえびすの名曲解説では第2番以上に聞かれる機会がないと書かれています。そこで先月が、ワルターがナチスから逃れるために英国のBBC交響楽団と録音したブラーム […]
  • KAB 熊本朝日放送から取材がありましたKAB 熊本朝日放送から取材がありました 当日聞かされたサプライズ。KAB熊本朝日放送からのテレビ取材で新年最初の蓄音器を楽しむ会は幕を開けました。SPレコードの音を聞いてゾクッと感動しましたと、こちらからの逆インタビューで感想をおっしゃっていました。ヨハン・シュトラウスのレコードは87年前の盤でした。多くのコレクターのもとにレコードはあります。SPレコードと蓄音器を使って音楽を楽しむ喜びを続けていってもらうことに尽 […]