第295回 蓄音器でレコードを楽しむコンサートのご案内

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

清麗なギリシャ乙女

名曲に聴く
名曲を聽く

第四番は強壮な第三番と闘争的な第五番との間の休養(リクリエーション)である。シューマンが「(あたか)も二人の北国の巨人の間に立っている清麗なギリシャ乙女」だといったのは当を得ている。録音も余り多くない。トスカニーニの指揮、良くあるNBCではなく、BBCのオーケストラとのレコードを聞きます。

熊本は寒い季節となりました。日差しが出ているときは過ごしやすいのですが、日が陰ると風がある。秋を通り越してしまいそうですが木枯らしは待って欲しい。
第295回 蓄音器でレコードを楽しむコンサート(11月25日例会)で聞く曲が、小春日和に爽快な青空を切り開いてみせてくれるベートーヴェンの交響曲第4番です。
1937年に発売された時にグラモフォン紙(12月)の批評で、『爽快感は喩えようがなく、持続感が緩むところが一切ないことは傑出している。ベートーヴェンを聞く楽しみを享受できる喜び。弦の力強さと柔軟性は、ここで特に賞賛に値する壮大な記録』とあるレコードです。

ベートーヴェン 交響曲第4番 変ロ長調 作品60
トスカニーニ指揮 BBC交響楽団
録音 1939. 6. 1 ロンドン クィーンズホールにて
レコード盤 米国ビクター 16333A/B – 16336A/B
4枚組8面。それでは、お楽しみください!

Related Posts

  • 蓄音器を楽しむ会(第6回)ご案内蓄音器を楽しむ会(第6回)ご案内 日時:平成25年9月22日(第4日曜日) 午後1時30分より場所:熊本中央区細工町2丁目 五福公民館随兵寒合とは言うものの今年は、まだまだ残暑がきびしいようですね。どうか皆様お体を大切に、ご自愛くださいませ。 第1部 クラシック ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全曲鑑賞シリーズ ベートーヴェン作曲 ヴァイオリン・ソナタ第9番&第10番第2部 持ち寄りコンサート […]
  • 田園のシンフォニー、田舎の生活と追憶〜 SPレコード盤でワルターの《田園》を聴く田園のシンフォニー、田舎の生活と追憶〜 SPレコード盤でワルターの《田園》を聴く 昨年も自然の脅威を感じる事件、災害が多くありました。 毎年念頭には今年は大事の起こらない一年でありますようにと念じますが、そういう時にベートーヴェンの第6交響曲は相応しい音楽ではないでしょうか。 そしてワルターの演奏は本当にそういう気持ちで聴くときにしっかり手応えを感じさせる演奏ではないでしょうか。 例会は2015年1月25日、午後1時30分。熊本市細工町の五福公民館で […]
  • 蓄音器でSPレコードを楽しむ会(第25回)ご案内 – 最も美しい名曲とされる「未完成交響曲」の有名な録音を英 HMV 盤で聴く蓄音器でSPレコードを楽しむ会(第25回)ご案内 – 最も美しい名曲とされる「未完成交響曲」の有名な録音を英 HMV 盤で聴く 日時:平成27年4月26日(第4日曜日) 午後1時30分より 場所:熊本中央区細工町2丁目 五福公民館 シューベルト 25歳の1822年、作曲に着手し、翌年、第2楽章まで完成しながら、なぜかそのまゝになっていた此の曲は作曲家の死去(1828年)の後、実に37年目の1865年12月17日にヘルベルト指揮ウィーン・フィルで初演されたのでした。以後本曲は古今を通じもっとも美しい […]
  • 蓄音器を楽しむ会(第14回)ご案内蓄音器を楽しむ会(第14回)ご案内 日時:平成26年5月25日(第4日曜日) 午後1時30分より 場所:熊本中央区細工町2丁目 五福公民館 第1部 クラシック 歴史的名盤集から第一回 「SPレコードが録音した歌声こそ最高の芸術的価値があると歴史的名盤保存会の選んだ24曲」からモーツァルトのイタリア・オペラをスタートに、フランス、スペイン、イギリスを巡って、《蝶々夫人》まで地球を半周しながらオペラの200年間 […]
  • 蓄音器を楽しむ会(第11回)ご案内蓄音器を楽しむ会(第11回)ご案内 日時:平成26年2月23日(第4日曜日) 午後1時30分より 場所:熊本中央区細工町2丁目 五福公民館 第1部 クラシック シューベルト作曲 歌曲集『白鳥の歌』から 「大天才の死に行く魂の前後の大燃焼であり天衣無縫の芸術である」と評されているシューベルトの最後の歌曲集を往年のウィーン国立歌劇場の花形歌手の一人、ハンス・ドゥーハンの独唱で聴いてみたいと思います。 第2部  […]
  • 蓄音器を楽しむ会(第3回)ご案内蓄音器を楽しむ会(第3回)ご案内 日時:平成25年6月23日(第4日曜日) 午後1時30分より場所:熊本中央区細工町2丁目 五福公民館ベートーヴェンの10曲のヴァイオリン・ソナタの中で、《クロイツェル・ソナタ》、《スプリング・ソナタ》に次いでよく知られている曲で、「モーツァルトのヴァイオリン・ソナタには見られないような如何にも、ベートーヴェン風に壮大なものになりつつある」(野村光一評)。 また第4番は「音楽 […]