Stories

2013年11月17日

蓄音器を楽しむ会(第8回)ご案内

蓄音器を楽しむ会(第8回)コンサートのご案内 日時 : 平成25年11月24日(第4日曜日) 午後 1 時 30 分より 場所 : 熊本中央区細工町2丁目 五福公民館 中会議室
2013年10月18日

蓄音器を楽しむ会(第7回)ご案内

蓄音器を楽しむ会(第7回)コンサートのご案内 日時 : 平成25年10月20日(第3日曜日) 午後 1 時 30 分より 場所 : 熊本中央区細工町2丁目 五福公民館 中会議室
2013年9月22日

蓄音器を楽しむ会(第6回)ご案内

蓄音器を楽しむ会(第6回)コンサートのご案内 日時 : 平成25年9月22日(第4日曜日) 午後 1 時 30 分より 場所 : 熊本中央区細工町2丁目 五福公民館 中会議室
2013年9月19日

ファッショナブルな冒険心 男の代わりに美女が犯人に挑む。グレース・ケリーとヒッチコックの映画『裏窓』

[icon name="icon-film"]特撮はリアルな恐怖感を与えない 数年前に映画館で観た時には、はっと息を呑む映像だったのがDVDで観たり、テレビ放映のハイビジョンで観るとCGが作為的に感じられて興ざめすることがありませんか。 ヒッチコックのサスペンス映画『裏窓』は昭和29年夏にアメリカ公開、日本は翌30年のお正月映画でした。 当時映画館の入り口を飾ったスチール。映画情報誌もまだまだ高い買い物だったでしょう。豪華な作りの月刊誌はステイタスでもありました。 通りを行く人が上映作品に夢を馳せる助けになったのがこうしたスチール。ジェームス・スチュアート、グレース・ケリーと監督アルフレッド・ヒッチコックが一緒に写った演技指導の風景でしょうか。 こうしてみると、アパートはセット。向こうの景色は書き割りだと感じるのですが映像では自然な光を浴びている。 CGで描かれた世界も、いずれはヴァーチャル感のないものになるのでしょう。 昭和29年には、暮れに東宝映画『ゴジラ』が公開されました。3月にビキニ島の核実験があって第五福竜丸事件は日本人にとって衝撃となったことでしょうが、アメリカも日本も新たなる世界への冒険に胸を熱くしていた時代だったでしょう。世界を旅行する番組が毎週放送されて視聴率が良かったのは、そう言う時代の象徴だったのではないかとも思います。 [icon
2013年8月24日

蓄音器を楽しむ会(第5回)ご案内

蓄音器を楽しむ会(第5回)コンサートのご案内 日時 : 平成25年8月25日(第4日曜日) 午後 1 時 30 分より 場所 : 熊本中央区細工町2丁目 五福公民館 中会議室
2013年8月1日

地元に帰ろう

GMT のデビュー曲のレコーディングが始まった。『地元へ帰ろう』と歌うその曲は、NHKらしい朝ドラに連動したキャンペーンに活かすことが出来るだろう。 太巻社長が、箸にも棒にもかからないという意味合いのように『普通』だねとうそぶく。良くも悪くもないものには、気持ちは動かないものだ。 主人公のあまちゃんが流行らせた『じぇじぇ』。あまちゃんの家を訪れた沖縄出身の喜屋武きゃんちゃんとの「分かんねぇ」けど、なんとなく意思は疎通しているのが面白い。
2013年7月30日

くまモンキャンドル 源ZO-NE

風流街ふるまちを照らす和蝋燭わろうそくの楽しさ 店内に入ると目に止まったのが、三角おにぎりがたくさん支度してあった。綺麗な三角で、見惚れていたらなんでもこれから持っていくケイタリングのおにぎりだとか。冬季限定カフェでしたね、店内は片側がキャンドルハウスで、もう一方が食事の出るスペース。夜は予約制のちょいとバー。 気さくに色々おしゃべり出来ました。日曜日にキャンドルハウスさんを訪問。ホームページに紹介しますと話したら、快く写真に応じてくださいました。 キャンドルと和蝋燭のコラボレーションといえる、それぞれのおもしろみが自然と一つになっているところ興味深いです。 前回立ち寄った時のビールジョッキのろうそくも随分と少なくなっていて、くまモンキャンドルが更に増えていました。手作り教室に精出されているので、色々とアイデアが集まってくるのでしょう。 古町の日常が感じられる、訪れる度に新鮮さを感じさせてくれます。 キャンドルハウス http://candle-h.com/ 住所:熊本県熊本市中央区魚屋町